日経平均株価とTOPIX

世界にはたくさんの株式市場が存在します。そして、それぞれにおける全体的な値動きを示した指標や指数が発表されるので、それにより市況を把握することができます。例えば日本でも、「東証株価指数」(TOPIX)という指標が、市場関係者により広く活用されています。これは、東京証券取引所の第一部に上場している約1,700銘柄の時価総額を基準として算出されるもので、これにより東証1部における全体的な値動きが把握できます。この指数の算出および公表は、同取引所により1秒ごとに行われています。
さらに、日本の別の代表的な株価指数としては「日経平均株価」があります。これは東京証券取引所第一部に上場している全銘柄の中から225だけの銘柄を選び、その値動きを示した指標です。この225銘柄は、日本の代表的な株式銘柄として、日本経済新聞社により選出されています。株価指数としての信頼性を保つため、これら225の銘柄は定期的に入れ替えがなされています。同社はこの指数の算出および公表を15秒ごとに行っています。
さらに、上記の2つの指数に基づいて算出される「NT倍率」という指標も、多くの投資家たちに活用されています。これは、日経平均株価をTOPIXで割ることで算出されるものです。前者の指数変動は輸出関連銘柄による影響が大きく、後者の指数変動は大手銀行など内需関連株から大きな影響を受けます。そのため、このNT倍率に注目すると、その時に物色されている銘柄が輸出関連銘柄なのか内需関連銘柄なのかを把握する手掛かりになります。すなわち、NT倍率が高くなれば輸出関連銘柄に、低くなれば内需関連銘柄に物色対象が偏っていることを示します。

■参考にしてみよう
良い株ブログとダメな株ブログ
■株投資のアドバイスをくれるサイトはこちらがお勧めです
投資顧問 評判