コスモス薬品とアメリカの株の注目点について

銀行に貯金をしていても全くお金が増えない、などと不満を感じたことのある人は少なくないはずです。その背景にあるのが、低金利政策です。低金利政策を採用することで、銀行などからお金を借りやすくした制度であり、景気を刺激するための策だと言われています。しかしながら、日本の景気は少し停滞の兆候も見せ始め、上昇する可能性が期待できないと考えている人も多くなってきています。
このような経済状態でも、お金を効率良く増やす方法が1つあります。それが、株です。株には、悪いイメージが強かったり、ギャンブルと同様のものと考える人も少なくありません。ですが、低金利政策を続ける日本国で、老後の資金としてお金を増やしたいなどと考える人には、株は最も適した選択であるとも言えるのです。
そこで、株初心者でも購入しやすい2つのテーマについて解説します。1つは、デフレです。デフレを脱却するために、日本は様々な政策を行ってきましたが、またデフレに戻る可能性が出てきました。その理由として、ディスカウント商品を扱う店舗が人気を集めてきているのです。さらに、格安の価格で楽しめる飲食店などの株も上昇しており、デフレに傾く可能性が高まっています。こうした中、コスモス薬品も注目されている銘柄に数えられています。コスモス薬品は、格安の食品や日常雑貨を多く取り扱っているドラッグストアであり、西日本を中心に多くの消費者に支持されています。今後、経済が停滞した際には、よりコスモス薬品の業績は伸びていくと考えられています。
そして、もう1つのテーマはアメリカです。アメリカは、日本と反対に利上げを昨年実施しました。その背景になる要因は、景気の動向を示す指標の良さです。つまり、アメリカ経済は順調な回復を見せ、今後も良い水準を保っていくと想定されています。
日本の証券会社の多くがアメリカ株を扱っており、アメリカへの投資は良いチャンスと言えます。